輝きを放つオンボロ駅舎

画像


機能美溢れ、洗練されたモダンな駅舎も良いけれど
時を刻む事を拒むが如く、時代から取り残された様な
木造のオンボロ駅舎が輝きを放つ事もあります。

限られた時間の中で訪れたかった地鉄の駅舎は
三つありました。


画像


一つは「岩峅寺駅(いわくらじ)」。

何とも難しい呼び名のこの駅舎は1921年(大正10年)に
建てられた数少ない洋風建築で地鉄の中でも立派な建物。
富山電鉄時代の栄華を偲ぶ事が出来ます。


画像

画像


映画「剣岳 点の記」で明治時代の富山駅という設定で
登場したほどです。


本線(電鉄富山~宇奈月温泉)とは違いますが、立山線と
不二越・上滝線の交差する要の駅なのです。


画像


このホームは立山線として利用されています。

画像


このホームが不二越・上滝線専用です。

二つ目は「寺田駅」
1931年(昭和6年)に建設され、駅の北寄りに本線、南寄りに
立山線と地鉄の2大路線要の駅です。


画像

画像


正面から見た駅舎は、要の駅とは思えない程ボロボロ。
特徴的な三角屋根には駅名が掲げられているが右読み。


画像


駅舎内部はまさに、僕の子供の頃の記憶にある様な
駅の光景が広がっています。


画像


両線のホームの間に扇状の広いスペースがあり、翼の様な
形で寺田駅舎以上に威容を放ち、建物の規模も大きい。
むしろこちらの方が、寺田駅の本屋なのではと思るほど
立派です。
旧信号扱い所という施設で広い待合室があります。
今は倉庫として使われているようです。


画像


この建物から右にあるのが駅舎と立山線ホーム。

この駅はそれぞれのホームが別々に設けられており、
ホームは駅舎側から順に4番、3番、1番、2番と変則的に
なっています。


画像

画像


左側が本線・宇奈月温泉方面行き2番ホーム。

画像


僕の乗車した宇奈月温泉に向かう旧「レッド・アロー号」も
このホームに停車しました。


画像

画像


こちらが本線1番ホームで、電鉄富山行きになります。


画像


三つ目が「有峰口駅」。
一見、廃屋としか思えない様な駅舎です。
この有峰口駅の右上に、「駅■小」とありました。
とても気になり、後でネットで調べたら、富山電鉄
時代にはここの地名の小見駅である事が判明。
長年の風雪で「見」が剥がれ落ちたようです。
この小見駅も右読みでした。


画像


しかし天気が良ければ、雄大な立山をバックに
入線シーンが見られる駅なのです。
運が良く、僕はそのシーンに遭遇出来ました。


富山地方鉄道の起点駅は「電鉄富山駅」。
地方鉄道になる前の呼び名が富山電鉄、その名残りで
現在も使っています。


画像

画像


この駅で気になった行き先表示板の事を、駅員さんに
尋ねたら、実際に今でも使用しているのは、やや幅のある大きな
特急「宇奈月号」のみで、昭和の時代に使用していた古い行先
表示板を掲示しているのは、古き良き時代の地鉄を乗客に見せ
郷愁を誘っているとの事でした。



画像


以上で一連の富山地方鉄道の記事は終了します。
2日間使用出来るフリー乗車券を目一杯活用した旅
でしたが、とても魅力的な鉄路でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年05月25日 00:27
地鉄の旅、堪能させていただきました、お疲れ様!!
常願寺川からの撮り鉄最高でした。
有峰口駅から立山をバックに?、、これもGood!
これだけ写そうとすれば、下調べが大変でしょうね。
イッコー
2013年05月25日 07:13
OTSKYONさん、長編になってしまった
地鉄の記事全部読んで下さいまして有り難う。
最初に書いたように、富山に行く計画を立てる
と何故か頓挫。
三度目にしてようやく来る事が出来ました。
計画の中で、地鉄の事をブロガーさんの記事を
含めて念入りに調べ上げた結果です。
僕の場合、旅は実際に行くのは確認の為で
下調べをする段階で始まっています。

今回の富山紀行は、いろいろ苦しい状況が
連続していたので自身に対するご褒美の
つもりで出掛けました。
暫くは、長期の旅はお預けです(*^-^*)

この記事へのトラックバック