イッコーのおもちゃ箱

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北新幹線 E5系 「はやぶさ24号」乗車

<<   作成日時 : 2014/04/22 00:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

東北新幹線に投入されたE5系 『はやぶさ』。
旧国鉄車両ファンの僕でも、一度は乗車したい
憧れの車両でした。
念願叶って八戸から仙台まで「はやぶさ24号」
に乗車しました。


画像


「青春18きっぷ」で全線開通直後の三陸鉄道
北リアス線を訪れ、久慈駅からJR八戸線のキハ
40系で八戸まで2時間乗車。
八戸駅新幹線ホームで到着を待っていると
アルミ合金の車体に、上部を「常盤グリーン」、
下部を「飛雲ホワイト」に色分けされ、鴨の嘴を
連想させる流暢なスタイルのE5系「はやぶさ」が
現れました。

東北新幹線 「はやて」・「やまびこ」の一部にも
E5系で運行される車両がありますが、E5系と
いえば、やはり『はやぶさ』でしょう。

八戸駅の新幹線ホームは転落防止のため、線路と
ホームには仕切り板が設置されておりました。

画像

10両編成の運行される「はやぶさ」、1〜8号車は
普通指定席、9号車がグリーン車、10号車には
最上級のグランクラス。
全席指定席で、僕の乗る車両は8号車。

画像

乗車してみると周囲はスーツに身を包んだビジネスマン
が圧倒的に多い。 いつものGパンにダウンではなく、
春物ジャケットにスラックスで乗車したのは正解でした。


新青森始発の「はやぶさ24号」は盛岡まで各駅停車。
盛岡で「こまち24号」を連結、仙台まではノンストップ。
その先は大宮、上野、東京へとまっしぐら。

八戸から一息ついた頃、後方のグリーン車、グランクラス
の車内を見ようとカメラ片手に移動すると、グリーン車
入り口には車掌室があり、白い制服を着た車掌さんに、
ここより先は普通車の乗客は通行出来ませんと断られ、
引き返るしかありません。

仕方がないのでWikipediaからグリーン車とグランクラス
の車内写真を載せます。

画像

9号車 グリーン車両。 

画像

10号車 グランクラス車両。
旅客機のファーストクラスに匹敵する豪華さです。

盛岡以南を320Km/hで走行する「はやぶさ」。
八戸から仙台まで200Kmを1時間23分で結びます。
多少の振動はあるものの、滑るように疾走、乗り心地
は最高でした。

画像

画像

仙台に到着すると多くの乗客が下車。
「はやぶさ」はこの先 大宮まで途中停車しないため、
仙台から途中駅に向かう乗客はここから「はやて」や
「やまびこ」に乗り換える方が多いのでしょう。


「青春18きっぷ」を利用の三陸鉄道北リアス線の旅。
本来 新幹線はNGですが、本日中に帰宅しないと
ならない事情があり、掟破りの新幹線利用でした。


当初、同じ「はやぶさ24号」で八戸〜盛岡のみの
乗車を予定していましたが、それだと深夜帰宅に
なります。
仙台まで乗車すると料金は9200円と高額ですが、
帰宅は22時と3時間も早くなります。
『はやぶさ』に乗車したかったこともあって、時間を
買ったようなものですね。
費用対効果を考えれば考えれば、良い選択だったと
思います。


画像

東北本線 郡山駅に到着すると、会津若松行きの
快速「あいずライナー」が停車中。
今月は国鉄特急色ではなく、東武鉄道色でした。

画像

JR東日本のキャンペーン 「福が満開 福のしま」の
ペイントが車体側面にありました。

画像

画像

画像

余りゆっくりしていると、磐越東線 小野新町行きに
乗り遅れますので、早々引き揚げました。



        【 乗車日 2014年 4月10日 木曜日 】





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北新幹線 E5系 「はやぶさ24号」乗車 イッコーのおもちゃ箱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる